高い費用をかけずにテレビを壁掛けにするには

家のリビングに大型のテレビを置いているという家庭は沢山あります。以前主流であったブラウン管テレビは、厚みも大きく、設置場所のスペースが大きいのが難点でしたが、近年広く普及している液晶テレビは、大型であっても本体が薄いので、それほどスペースをとられないのが利点です。
しかし、いくら薄型とはいえ、大きな画面サイズになるとどうしてもスペースをとるようになりますし、AVラックの上に設置するのであれば、ラック自体が場所をとってしまう結果になります。
こうした時に、スペースを有効に活用する方法としてテレビを壁掛けにしてしまうのもおすすめです。壁に取り付けてしまえば床面積を無駄に使うこともありませんし、DVDデッキなどのAV機器もまとめて壁面に設置してしまえば部屋を広く使うことができます。
また、AVラックなどよりも高い位置に設置することができるので、部屋のどの位置からでもテレビを視聴しやすくなるというメリットがあります。
しかし、壁掛けをするには、専門の業者に施工してもらう必要があり、どうしても費用が高くなってしまいます。特に壁が薄い、あるいは強度が足りないという際には補強工事を行わなければならず、更に費用がかかることになります。
しかし、こうした工事を必要とせず、素人でも簡単に取り付けできる壁掛け金具もあるので、手軽にテレビを壁掛けにしたいのであれば、こうした専用金具を使うのも良い方法です。壁面に穴を開けたり、大きなキズをつけてしまうこともないので、賃貸マンションなどでも使用することができるのが利点です。

Just another WordPress site