天吊りテレビを考えるという選択

戦後の日本においては、テレビは長い間人々の娯楽として楽しみを提供しながらその存在を示し続けてきました。インターネットの普及などによりさまざまなツールで情報が手に入る時代であっても、地震などの緊急時にまず手にするのはテレビのスイッチです。大切な会見などは生放送で発信され人々に娯楽と共に大切な情報を提供し続けています。
我々にとって非常で大切でありながら、身近な存在のテレビは技術の進歩と共にその姿を変えてきました。ブラウン管型は今はもう懐かしさすら感じます。液晶型による薄型で大画面のテレビが普及した現在においては、その性質から壁掛けで設置されることも少なくありません。
近年においては、壁掛けだけでなく天吊りテレビも台頭してきました。その名の通り天井から吊り下げられています。天吊りはテレビ画面の大きさ以上のスペースが必要な壁掛けと違って、強度の問題がクリアできればその設置場所を柔軟に選ぶことが出来ます。高さがある天井や傾斜がある天井であってもその状態に対応できるさまざまな金具が販売されています。壁に固定する壁掛けに比べて360度水平に回転出来たり、下向きに動かすことも可能です。部屋の模様替えをした時や用途に合わせて角度や向きを動かすことも簡単です。
スペースの有効活用は勿論、天吊りテレビはクラブやおしゃれなお店のインテリアとしても存在感を示します。自宅で天吊りで設置してあれば個性があるおしゃれな部屋を作り出すことも出来ます。耐震性もあり、天吊りで設置が出来る金具も多数市場に出回っているため、自分で取り付けることも可能です。

Just another WordPress site